コラム

コラム

2015.12.21

LOH症候群(男性更年期)の治療

ED治療早漏治療門の池袋・上野ユナイテッドクリニック(上野・御徒町)ではED治療薬バイアグラ(シルデナフィル)バイアグラジェネリック、レビトラ(バルデナフィル)シアリス(タダラフィル)他に早漏薬であるプリリジー(ダポキセチン)など多くの薬を処方しています。

EDとも関係が深いためLOH症候群について色々とお話しさせていただいてきましたが、LOH症候群の治療方法についてお話し出来ていなかったので、今回はLOH症候群の治療方法についてお話ししましょう。
(LOH症候群の診断基準やガイドライン、チェックシートをまとめたものは、こちらの「LOH症候群とテストステロン」「LOH症候群(男性更年期障害)のチェック」をご覧ください。)
LOH症候群を専門に治療している病院は少なく東京でも数軒しかありませんが、漢方薬やサプリメントの処方を中心にテストステロン値が低く、適応がある人に対して男性ホルモン補充注射を行うことが一般的です。

LOH症候群とは

男性ホルモンは別にアンドロゲンとよばれ、精巣(睾丸)から分泌されるテストステロンが主なものです。
近年、男性更年期障害として、このテストステロンの低下が原因によるLOH(Late-Onset Hypogonadismの略)症候群が注目されるようになりました。
LOH症候群は、加齢男性性腺機能低下症候群とも呼ばれており、自律神経障害が主症状となっています。

職場や身の回りにおきるストレスや過労、ビタミン、亜鉛などの栄養不足に性格もかかわって自律神経のバランスが崩れ、気力低下や意欲減退、身体症状があらわれます。
働き盛りの40代から50代、そして定年退職を迎える60代前後に体の異常を自覚し、精神的な不調があらわれるようになります。
その発症や程度には個人差があり、70代あるいは80代になって症状が顕著になる方もおられます。

LOH症候群の一般的な治療(漢方・サプリメント)

LOH症候群の一般的な治療法として、症状が軽い場合まずは漢方薬や、サプリメントの処方などを行います。
漢方薬としては
『補中益気湯(ほちゅうえっきとう)』『六味丸(ろくみがん)』『八味地黄丸(はちみじおうがん)』『牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)』『柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)』『桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)』『抑肝散(よくかんさん)』『加味帰脾湯(かみきひとう)』『酸棗仁湯(さんそうにんとう)』
などを主に用いる事が多く、その人の症状によって使い分けているようです。

また、LOH症候群は食生活の乱れによる、亜鉛やビタミンB1などの栄養素が不足することによって引き起こされるため、食生活の改善が必要になってきます。亜鉛を多く摂取することでテストステロン濃度が維持されることが研究が学会で報告されています。ビタミンBについてはテストステロン濃度を上げることが報告されています。
これらは食事だけで補うことが難しいため、亜鉛やビタミンBが不足している場合は、サプリメントでの摂取が必要です。

LOH症候群の治療(男性ホルモン補充)

遊離テストステロン値が8.5pg/ml未満の場合は男性ホルモン補充治療を第一に行います。

男性ホルモン補充には経口剤、注射剤、皮膚吸収剤がありますが、日本では注射剤エナント酸テストステロンのみが保険適応となっています。
また、遊離テストステロン値が11.8pg/mlの際は男性ホルモン補充治療の適応とはなりません。
そのため、日本では男性ホルモン補充療法は一般的に男性ホルモンの注射を行うことを指します。

通常ですと2~3週間おきに125mg~250mgを筋肉注射します。
2~3週間おきの注射でも臨床効果が得られるのですが、デポ剤の性質を考えると1~2週ごとに60~125mgを投与していくほうがより生理的に近いと考えられています。
注射の苦手な方は1日に1~2回、男性ホルモン軟膏の塗布を行う治療法もあります。

男性ホルモン補充療法の副作用としては女性化乳房、ニキビ、多血などが出現することがあります。
また、男性ホルモンは前立腺肥大症の進行を早める作用があると考えられるため、男性ホルモン補充療法中には定期的に前立腺の検診やPSA検査(前立腺がんマーカー)を受ける必要があります。治療開始後1年間は3カ月ごとにPSA測定、ホルモン測定、一般血液検査を行う必要があります。

男性ホルモン補充療法は前立腺肥大の方は適応外ですし、前立腺がんとの因果関係が指摘されていますので安易な治療はお勧めできません。

また男性更年期障害と類似した症状は、EDと同様に糖尿病や動脈硬化、高血圧などでもあらわれることがあるので、自己判断せずまずは医療機関にかかることが大事です。

男性ホルモン補充療法の問題

日本で保険適応のあるテストステロン製剤(つまり安全に)使用可能なものはエナント酸テストステロンのデポ剤注射のみであり、2週から3週に1回の投与が必要です。
これは2~3週目で血中テストステロン値が底値を迎える、つまり注射の効果がきれるためです。

これまでの臨床検討ではこのテストステロンの底値での評価が多いため、患者によっては最低値のテストステロンレベルでの評価となることも多く、一定の結果が導き出せい可能性も否定できません。

現在、海外ではゲル製剤、さらに長期作用型テストステロン、皮下植え込み型のテストステロンペレットが使用可されており、これらの製剤は血中テストステロン濃度が安定していますため、症状の安定化も得られやすいと考えられています。
また、男性ホルモン補充治療は保険が適用されても1回の注射で2000円以上かかることが多く、注射代以外にも診察料、その他処方箋料などコスト面もかかってきます。

まずは亜鉛や、ビタミンBなどの栄養をサプリメントなどでしっかり摂るようにし、体質を改善していくようにしましょう。

LOH症候群のED治療

LOH症候群が原因のEDにはバイアグラ(シルデナフィル)レビトラ(バルデナフィル)シアリス(タダラフィル)などのED治療薬が第一選択肢となります。
またLOH症候群はうつ病を併発する可能性が高いたま、あわせて精神安定剤なども服用すると良いでしょう。

ただしED治療薬には飲み合わせの悪い薬剤や服用できない場合もありますので、必ず自己判断でネット通販で購入するなどせず、専門の医療機関を受診したうえで購入するようにしましょう。

EDかな?と思った方はユナイテッドクリニックまで(池袋・上野・新橋・大宮・横浜)

ED治療早漏治療専門の上野ユナイテッドクリニック(上野・御徒町)ではED治療薬バイアグラ(シルデナフィル)バイアグラジェネリック、レビトラ(バルデナフィル)シアリス(タダラフィル)他に早漏薬であるプリリジー(ダポキセチン)などの薬を処方しています。また亜鉛やマカ、ビタミンBなどEDや男性更年期障害に効果があるサプリメントも取り扱っています。
思い悩む前にお気軽にご来院ください。もちろん、ご相談のみでも構いません。

アクセス良好(池袋・上野・新橋・大宮・横浜)

上野ユナイテッドクリニックはJR上野駅入谷口前のサンクスの入ったビルの8階です。駅近ですぐに受診でき、非常にアクセス良好です。入谷口か浅草口からおいでください。

JR上野駅(入谷口) 徒歩0分
 JR上野駅(浅草口)  徒歩1分
 メトロ銀座線・日比谷線 上野駅  徒歩3分
 京成上野駅  徒歩4分
 都営大江戸線 上野御徒町駅  徒歩4分

上野ユナイテッドクリニックは上記の駅から徒歩で来院することが出来ます。また近隣にはコインパーキングが多く、車でのご来院も可能です。

処方価格はお薬代のみ・ プライバシーに配慮

ユナイテッドクリニック東京の各院では初診料・再診料は無料で処方価格・購入費用は薬剤費のみです。格安・激安・最安値で処方できるように努力致します。またすべての院が駅近の立地でかつ、人目につかずご来院頂けるようプライバシーに最大限の配慮を致しております。

池袋院・上野院・新橋院・大宮院・横浜院へお越しください

ユナイテッドクリニック東京の各院ともターミナル駅近でアクセス良好です。

池袋院  JR池袋駅北口そば(20b出口横 ニイミビル7階)、西口徒歩0分
 上野院  JR上野駅入谷口そば、御徒町駅徒歩4分(入谷口前の1階にサンクスが入った早稲田ビルジング8階)
 新橋院  JR新橋駅銀座口・東京メトロ銀座線新橋駅、徒歩0分(JR新橋駅銀座口を直進、メトロ銀座線新橋駅2番口そば、1階にファミリーマートのリプロ新橋4階)
 大宮院  JR大宮駅西口、徒歩0分(駅前陸橋を降りて3件目の山中ビル5階)
 横浜院 JR横浜駅西きた口、西口徒歩3分  第7浅川ビル4階

ユナイテッドクリニック東京には池袋・新宿・渋谷・目黒・五反田・上野・神田・秋葉原・東京・有楽町・八重洲・銀座・品川、等、東京はもちろん、埼玉(さいたま・大宮・川口・浦和)、千葉(船橋・千葉・柏・松戸)、神奈川(横浜・関内・川崎)などから多く来院されています。また新橋駅には飛行機で東京へお越しの方、上野院・大宮院には新幹線で東京へお越しの方が大勢いらっしゃいます。

診療メニュー一覧

診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿西口ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪なんばユナイテッドクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6231-6472
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿西口ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪なんばユナイテッドクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト