コラム

コラム

2015.11.14

伝染性紅斑(リンゴ病)にご注意を

ED治療早漏治療専門の池袋・上野ユナイテッドクリニック(上野・御徒町)ではED治療薬バイアグラ(シルデナフィル)、バイアグラジェネリックレビトラ(バルデナフィル)シアリス(タダラフィル)他に早漏薬であるプリリジー(ダポキセチン)など多くの薬を処方しています。

今回はEDとは関係がないのですが、伝染性紅斑(リンゴ病)が九州地方を中心に全国各地で流行しているとのことですのでお話しします。
医療機関あたりの罹患数が過去5年間の同時期と比較しても最多ペースで増加しているとのことで国立感染症研究所では注意を呼び掛けています。

伝染性紅斑(リンゴ病)とは

伝染性紅斑とはヒトパルボウイルスB19による感染症であり、両側の頬がリンゴのように発赤することからリンゴ病という通称でもよく知られています。
感染経路は経気道での飛沫感染が主ですが、免疫が正常な患者ではウイルスを排泄し始めるのは特徴的な発疹が出現するより1週間程度前になるので二次感染には注意が必要です。

潜伏期間5~6日で血液中にウイルスが出現し、気道分泌物への排泄が始まります。
その後症状としては
成人では感染7日目頃から発熱、悪寒、頭痛、筋肉痛などの症状が見られますが、小児ではこれらの症状が見られない事があります。ウイルスは数日で血液中から消失し、これらの症状も改善されウイルスの排泄も見られなくなります。
その後約1週間は無症状期がありますが期間が過ぎた後に発疹が出現します。
発疹は両側の頬から、その後1~4日で体幹・四肢にも紅斑(赤く平坦な発疹)が出現します。
体幹・四肢の紅斑はある程度まで広がると中央部から退色し、レース状皮疹(網目状の発疹)になります。

ポイント
小児の場合は発熱などの症状も見られず発疹が出現して治癒していくケースが多くあります。

伝染性紅斑の流行には周期がある?

国立感染症研究所の発生動向調査によると伝染性紅斑の流行にはほぼ5年ごとの周期があるとの事です。
最近では2011年6月に、またその5年前の2007年にも患者数が増加しました。
今年2015年には年明け以降、過去3番目のペースで患者数が増加し、7月上旬にピークに達しその後減少に転じましたが依然感染者数は過去5年間の同時期と比較しても多くなっています。

伝染性紅斑の合併症

伝染性紅斑には合併症があることがよく知られています。
代表的なものだと

一過性骨髄無形性発作

遺伝性球状赤血球症などの溶血性貧血の患者に見られる症状で、赤血球の産出が停止するために急激な貧血を来します。
約1週間ほどで赤血球の産出が再開されるのでヘモグロビン値もその患者の正常値に戻ります。

持続性感染

先天性また後天性の免疫不全症や白血病患者など免疫不全患者では慢性の貧血の原因となることがあります。
発疹が出ない場合が多いため、診断には血中ウイルスの証明が必要となります。

胎児水腫

妊婦がヒトパルボウイルスB19に免疫がなく初めて感染した場合、胎盤を介して胎児にも感染します。
胎児はウイルスを駆除できずに持続感染となるので非免疫性胎児水腫、心不全などの症状が出る場合があり、最悪の場合死亡する可能性もあります。
特に妊娠初期から中期にかけての感染が特に危険とされています。

伝染性紅斑の治療

特異的な治療方法はなく、自然治癒に任せることになります。
一般的に基礎疾患がない患者では予後の不良も見られません。関節痛などの症状が見られる場合は鎮痛剤を処方される場合もあります。
一過性骨髄無形性発作では濃厚赤血球の輸血が必要な場合もあります。
持続性感染による慢性貧血の場合では免疫グロブリン投与が必要な場合があります。
胎児水腫に対する治療法は現時点ではありません。妊娠経過中から出生後の成長発達まで慎重に経過を観察し、人工中絶は適応ではありません。

伝染性紅斑の予防

ヒトパルボウイルスB19の排泄時期は発疹という外見の特徴的な症状が出現するよりも早いため、隔離による伝搬の予防も困難となります。
特に妊婦は原因の不明な発熱をうったえる患者への接触を控えるなどの措置を取りましょう。

伝染性紅斑は夏から秋にかけてが一番流行するといわれておりますので、これからの季節は減少していくかと思われますが健康に気をつけてお過ごしください。

 EDかな?と思った方は池袋・上野ユナイテッドクリニックまで

池袋・上野ユナイテッドクリニックではEDのご相談をお受けしております。バイアグラ(シルデナフィル)、バイアグラジェネリック、レビトラ(バルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)等のED治療薬亜鉛やマカ、ビタミンBなどEDや男性更年期障害に効果があるサプリメントも取り扱っています。
思い悩む前にお気軽にご来院ください。もちろん、ご相談のみでも構いません。

アクセス良好(池袋、上野・御徒町)、購入費用・処方価格はお薬代のみ

ユナイテッドクリニック池袋院はJR池袋駅西口、北口徒歩0分です。上野院はJR上野駅入谷口そば、御徒町駅から徒歩4分です。
両院ともにターミナル駅徒歩0分でアクセス良好です。 新宿、渋谷など東京都内はもちろん、神奈川(横浜・関内・川崎)、埼玉、千葉など多くの地域から受診されています。
初診料・再診料は無料で購入費用・処方価格はお薬代のみのご負担となります。初診と再診のお薬代も変わりません。格安・激安・最安値で処方できるよう努力いたしております。
池袋・上野各院ともに駅からすぐの立地でありながら人目につかずご来院いただけます。
同じフロアに他店舗はございません。プライバシーに最大限の配慮をしております。

診療メニュー一覧

診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿西口ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪なんばユナイテッドクリニック公式サイト
京都四条烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト
PAGE TOP
タップで電話発信します
03-6231-6472
[月~土] 11:00~20:00 [日・祝] 10:00~17:00
アクセスのご案内
診療の流れ
ユナイテッドクリニック公式サイト
池袋ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿西口ユナイテッドクリニック公式サイト
新宿南口ユナイテッドクリニック公式サイト
渋谷ユナイテッドクリニック公式サイト
新橋ユナイテッドクリニック公式サイト
横浜ユナイテッドクリニック公式サイト
大宮ユナイテッドクリニック公式サイト
名古屋ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪ユナイテッドクリニック公式サイト
大阪なんばユナイテッドクリニック公式サイト
京都市場烏丸ユナイテッドクリニック公式サイト
神戸ユナイテッドクリニック公式サイト
博多ユナイテッドクリニック公式サイト